ニコンF3 アクセサリー Ⅳ

カメラケースCF-22

カメラケースは、ニコンF時代から黒革ソフトケースという伝統があるが、このF3用だけはなぜか茶革で、重厚なセミハードケース仕立てとなっている。
また、同系色のストラップも付属していた。

「茶系」といえば、小学館の月刊誌であるラピタが、限定オリジナルカメラとして、10年ほど前に発売したニューFM2のシボ革が茶色だったことを思い出す。
なかなか独創的なおしゃれカメラとして、当時は食指が動きかかったが、ニューFM2は、小刻み巻き上げができず1回巻き上げなので、操作性にこだわった結果、購入までには至らなかった。
e0009044_9375357.jpg

肉厚の革を使い、しっかりとした作りはF3にマッチしている。
e0009044_9415976.jpg

実際は、ライカのようにボディー側だけを装着して撮影を楽しむことが多かった。
e0009044_9424822.jpg

F3がいよいよ製造中止というアナウンスを聞き、予備としてもう一つ入手した。
現在、このスペアーは元箱に入れられて大切に保管されている。
e0009044_9444061.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-05-26 09:45 | カメラ
<< ニコンF3のカタログ ニコンF3 アクセサリー Ⅲ >>