見えやすい腕時計を探す

普段使いの近視用メガネをかけたまま時刻を読みとれるか。
日付も読めればなお良いのだが、あまり欲張ってはいけない。

それから電池切れを心配させるような時計は恐ろしい。
というのも、辺境の国々での電池交換は不可能だからだ。

さらにPCに近寄る際に、いちいちはずさなければならないようなデリケートな時計もいまどき軟弱過ぎてだめ。
ケータイのそばもだめというモノも同様の理由により脚下。

時刻調整作業が時々発生する時計は、機械式だけで十分なので今回はやはり取り下げ。

こうやって消去してくると、文字盤はシンプルで濃い色、長短針のカラーは白。
エコドライブ+電波制御とくれば、シチズン プロマスター PMD56-2951は案外いいかも。
e0009044_1043571.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2011-10-10 10:43 | コレクションシリーズ
<< ミャンマーの民主化は本物か 荒涼とした光景を見たい >>