W650をZRX1200Rと比較する

走行距離が100キロを越えたのでこの辺で初期インプレとして
ZRX1200RW650を比較してみたい
e0009044_19263556.jpg



e0009044_19292528.jpg

ライポジ
ローハンドルを選択したWだがZより前傾が緩く、長距離ツーには良さそうだ

始動性
WZも同じようにセルが良く回る
キックはWのみの装備だが不慣れなせいかまだ硬いようだ

ギヤの入り具合
擬音で表現するとZはガツン、Wはコツンであり、クラッチレバーもWの方が緩く握れる

加速
Zは正に「脳みそが置いていかれそう」な怒とうの加速性を見せる
Wは穏やかな加速でありいつの間にかスピードがでている感じ

取り回し
重量の差でWに分がある

コーナリング
Zのどこまでも寝かせていける感じに対し、Wは安心して寝せられる感覚

ひとことで表現すると
Zはマシーン、Wはバイクまたは単車

W650を買ったことを知った知人がゼファー550
がほしいとか
なんでも、海外向けにラインナップされていたことがあるらしい
ZZR1100で通勤している彼も実は取り回しに苦労していたようであります
[PR]
by ZRX1200SR | 2007-02-09 19:43 | W650
<< 世界最速のインディアン 拝啓、巡査殿 >>