益子Ⅳ(5/12)

益子を後にR294を40キロほど北上し、那珂川を渡ると馬頭町に行き着く
昼食は、ばとう手造りハムの田舎レストランでいただくことにする
e0009044_1250570.jpg

さらに北上を続け、今回の旅のもうひとつの目的地いわむらかずお絵本の丘美術館へ向かう
e0009044_1255256.jpg

栃木県馬頭町(現・那珂川町)に1998年4月に開館した同美術館は
絵本の世界とその舞台である里山の自然が同時に楽しめるよう
那須の清流那珂川を見下ろす美しい丘の上にある
e0009044_12574364.jpg

絵本にっぽん賞を受賞した14ひきのあさごはん1983年 童心社
などは、子供がまだ小さかったころの愛読書だった

サンケイ児童出版文化賞受賞を受賞したひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ1985年 偕成社
には心が惹かれて自分へのお土産とすることにした
e0009044_134958.jpg

このようなジャンルの美術館にもかかわらず、お客の大半が中高年ばかりなので、氏の作品は大人も楽しめるメルヘンだったと推定する
その中高年の客の中にあって、カフェでひとりさん然と輝くオーラを放つ人がいたが(決して誇張ではなく)
1939年生まれのいわむらかずお氏、ご本人だったのであります

さらに快適なR294を北上し続け、猪苗代湖に抜ける
e0009044_13201987.jpg

かの地は今が田植え直前期だった
e0009044_13213724.jpg



e0009044_1322266.jpg

こうして、今回の妻との楽しかった道中は幕引きとなることにあいなりまする!
[PR]
by ZRX1200SR | 2007-05-16 13:24 | ディスカバー・ジャパン
<< 不真面目のすすめ 益子Ⅲ(5/12) >>