銀行籠城・・・・・新堂冬樹

SITによる銀行籠城犯制圧訓練の模様が、今朝の朝刊で報道されていたが
「銀行籠城」は1979年1月26日午後、大阪市住吉区の三菱銀行北畠支店で起きた
梅川事件を思い起こし、ある種の期待を抱いて購入した本である。

当時、この事件を荻窪のアパートで一傍観者として視聴していたことを鮮明に覚えている。
犯人射殺後、警官に毛布でくるまれて、人質だった女子行員たちが次々と銀行から出てきた様子は、いまだに脳裏から離れない。

その後の彼女たちの人生はどうだったのだろうか。

病棟のベッドで一気に読み進めた小説であった。
e0009044_2014383.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2008-02-15 20:14 | 読書
<< ニュートラ 雪沼とその周辺・・・堀江 敏幸 >>