カテゴリ:カメラ( 75 )

ズミクロン35mmの実力

今さらながら、出来上がってきた写真を見てウムーっと思わず声が漏れた。
e0009044_1427737.jpg

ズミクロン35mmが見事に被写体の眼の輝きを捉えていたからだ。
でも、ブログではお見せすることができないので残念。
白目の部分の皺と輝きがまるで生体のように印画紙上に記録されていた。
e0009044_14293539.jpg

即応性ではデジタル機にかなわないが、写真すなわち真実を写し取る実力は、ズミクロン35mmの方が断然勝っていると実感した出来事だった。
e0009044_14322745.jpg

昨日はアクロスを詰めてみたので、ASAは100にセット。
e0009044_14331084.jpg

M6という小型カメラに付けたズミクロン35mmに惚れ直したのだった。
[PR]
by zrx1200sr | 2011-02-28 14:34 | カメラ

ニコングローブ

もう製造中止になったようだが、10本の指先全てを任意に全て露出させることができる
防寒用のニコンオリジナル手袋は、冬場の撮影行に大変重宝している。
e0009044_10413298.jpg

平の部分は皮革製のためスリップ抑止力があり、
甲の方はネオプレーンのため、防風、坊滴に効果がある。
e0009044_1044662.jpg

先日の、氷点下5度・風雪の裏磐梯でもその威力を十分に堪能できた。
値段は10,000円くらいだったと思う。
e0009044_10461613.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-12-24 10:46 | カメラ

ライカ M9 チタン

Surprised
e0009044_1019246.jpg

Another thing
e0009044_1020232.jpg

グッタペルカがゴム製?
e0009044_10205771.jpg

いまどきのライカは驚き・別モノ
e0009044_10214920.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-12-08 10:23 | カメラ

ニコン F用 ウエストレベルファインダー

北海道のカメラ屋から落札したニコン F用 ウエストレベルファインダー はナイスコンディション。
もしかしたら、件のカメラ屋のショーケースの片隅に40年以上佇んでいたモノかもしれない。
ニコン Fのオーナーとしては大満足の品だった。
e0009044_19534320.jpg



e0009044_1954473.jpg



e0009044_19544181.jpg



e0009044_1955793.jpg

孫に当たるF3のウエストレベルファインダーと並べてみる。
e0009044_19561567.jpg



e0009044_19563435.jpg



e0009044_19565694.jpg

FとF3のファインダー比べ。
e0009044_1957344.jpg



e0009044_19574922.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-11-20 19:58 | カメラ

ニコンF遊び

時々思い出したようにニコンFを手元に持ってきて、ファインダーを覗いてピント合わせをしたり、
空シャッターを切ったりしたくなる。
それは、きっと40年ほど前にカメラデビューした時のカメラなので、ひときわ愛着があるからかもしれない。
e0009044_1447178.jpg

ペンタプリズムの腐食などのビュー系障害や、シャッター系のマシン障害も発生しないこの個体は
頑強なFの中でも当たりの部類だろう。
もっとも、日頃から防湿庫内で保管するなどなにかと気を使ってはいるが。
e0009044_14512420.jpg


昨夜は、久しぶりにオークションでニコンFウエストレベルファインダーを落札した。
写真で見る限りはなかなかの美品で、革ケースと元箱付き。
40年近くも前の工業製品とは思えないコンディションである。
きっとマニアが大事に保管されていたのだろうと思う。
今週中には届きそう。
[PR]
by zrx1200sr | 2010-11-17 14:55 | カメラ

防湿庫の整理とタイや入れ替え

昨日は久しぶりに防湿庫からカメラを全部とりだして整理整頓の苦行を行った。
こんなのもあったのかーなどと痴呆的な場面もあり、我ながら困惑した。

本日は、ユーロRの冬用タイヤを付け替えてきた。待ち時間は30分ほど、全行程45分で終了。
初雪が降る前にタイヤ屋へ行くのがコツなんだけど、分かっているがそこに至るまでが面倒なので、
つい、人並なシーズンインを向かえることが多かった。
しかし、来週は飯豊方面へ行ってくる予定があるので今年は早めに準備万端。
e0009044_16555780.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-11-15 16:56 | カメラ

怪魚

e0009044_15172627.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-07-26 15:17 | カメラ

RETRO BAR 木馬館

e0009044_955887.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-07-08 09:55 | カメラ

NIKKOR Auto-S 50mm F1.4

カニの爪付きNIKKOR Auto-S 50mm F1.4。
つまり非Ai改という、オリジナルのオートである。

中学生だった当時、このオートをニコンF(フォットミックFtnファインダーを装着)に付けてSLを追っかけまわしていたのである。
このニコンFは、父からの借り物だったわけだが、宝物のようなニコンFを、息子とはいえ、よくかしてくれたものだと父の懐の広さに感動している。

最近のオートは、ほとんど出番がなくなり、ニコンFとともに防湿庫の片隅で静かに後輩たちの活躍を見守っている。
e0009044_1142573.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-07-07 11:42 | カメラ

逆説の定理と大は小を兼ねる

露出をアンダーぎみに撮ると、写真を焼く際に修正が可能だが、露出オーバーでは救済されないというこは、写真愛好家にとって定説であり、何も珍しいことではない。

D700のFXフォーマットの画角よりも、さらにもっと望遠側がほしければDXフォーマットに切り替えて撮るということは可能なわけで、例えば80mmをDXに設定すれば120mmの長さを得ることができる。
しかし、DXフォーマットのカメラで広角側をさらに希望したとしても、FXサイズを物理的に望める術があるはずがないので、逆は不可能・・・・・・大は小を兼ねるとはよく言ったものであります。

e0009044_9402532.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-07-06 09:41 | カメラ