カテゴリ:海外( 40 )

Next trip①

インド/グジャラート

西はパキスタンとの国境
南はアラビア海
州都はアーメダバード

デリーやアグラ、ベナレスなどインドのゴールデンルートと比較して、
観光客がいない、したがって、人々が怪しくない。
人々の顔つきが違う、どことなく安らぎを覚える。
どんなところだろう。
e0009044_14144725.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2011-06-03 14:14 | 海外

南インドとカトマンドゥ

旅人のハブ空港はいろいろあるが、その中でもバンコク発着便は使い勝手がよいように思う。
香港やシンガポール乗り継ぎはどうなんだろう。

3つの海が出会うコモリン岬やヒッピーの聖地ゴアなど、
南インドの旅は北のゴールデンルートにはない魅力を兼ね備えている。
e0009044_14431939.jpg


カトマンドゥは、ずっと行ってみたいと思っていたわが青春の憧れの地。
バナラスからバスで国境越えをしてネパール入りする方法もあるが、時間的にも体力的にも制約のあるおじさんパッカーの場合は、無理せずバンコクから空路入りでしょう。

それにバナラスのインド人はセコイから疲れまっせー。
ヒマラヤの山並みを眺めながら、エベレストという麦酒を味わうのもよいだろう。
ネパール人はインド人よりも優しげな表情をしているので、それだけでもやすらげそうだ。
e0009044_14463618.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2011-04-11 14:47 | 海外

Cuba

カストロやチェ・ゲバラの卒いる革命軍が起こした革命戦争は、いまから52年前の1959年のことだった。
以後、キューバは2001年までアメリカの経済封鎖に苦しめられた。
つまり、40年以上もの間、時が停まったままのような状態が続いていたことになる。
日本で例えれば昭和30年代の街並みやクルマが現役で活躍しているということであり、また、開発の手の及んでいない美しい自然もそのまま残っているらしく、そこがキューバ最大の魅力となるのかもしれない。

当然、50年前は原発が無かったので今でも世界有数の安全な国とも言える。
エアカナダでトロントを経由してハバナまで飛び、カリビアン・ミュージックを聞きながらラム酒に酔いしれたり、サルサのステップで放射能払いをしてくるのもおもしろそうだ。
e0009044_1447124.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2011-03-27 14:47 | 海外

南アフリカ

TAPポルトガル航空の機内誌を眺めている。
e0009044_1682988.jpg

南アフリカで自然に触れる旅。
e0009044_16981.jpg

リスボンからTAPが数多く就航しているようだが、
極東からはバンコクorシンガポール経由あたりが現実的だろうか。
e0009044_1692761.jpg

好奇心いっぱいの春。
e0009044_169429.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2011-03-25 16:06 | 海外

インドネシア

秘境パプアの人々にも興味がある。
これらの人たちは観光で食っているのだろうか。
そうだとすれば、タイの首長族に近い人種といえる。

しかし、ミャンマーの顔じゅう刺青だらけの女たちは下心が無いので、
(because 入域制限地域で暮らしているため)
写真で見た限りではものすごい迫力がある。

美意識の違いは、大いなる観光資源だ。
e0009044_10335838.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2011-02-19 10:34 | 海外

バングラディシュ

昨年の10月に「地球の歩き方 バングラデシュ 2011~2012 」が創刊されて以来、
バングラディシュの人気が徐々に盛り上がりそうな予感。

一部の秘境好きを中心に、バングラディシュ人気の土壌はあったようだが、
その人気に歩き方が火を付けた格好だ。

アジアの最貧国のひとつで、まだまだ発展途上状態にあるバングラディシュは、
かつて、ジョージハリスンが「バングラディシュ救済コンサート」を開催したことで
吾輩の興味の対象となったが、さらにその国旗が日章旗で、
違いは色違いという点でも注目を集める要素はあった。
(ちなみにパラオも日章旗である)

貧しくても明るく、前向きに生きる人々を見ると感動させられる。
e0009044_175338.gif

[PR]
by zrx1200sr | 2011-02-18 16:03 | 海外

東南アジアが恋しい

今なお少数民族を弾圧している軍事政権であって、入域制限だらけのミャンマー。
元々の国名はビルマなのに、それすら変えてしまうこの国に興味津津。
ヤンゴンへの直行便はないのでバンコクでトランスファー。

ビザが必要かー。
両替レートが実体経済を反映していないとか。

ラオス以上に不思議な国である。
e0009044_14292939.jpg
ka-
[PR]
by zrx1200sr | 2011-02-17 14:29 | 海外

海外旅防犯計画Complacency

海外旅で、ドンケフォトベストを防犯面で活用しようという防犯計画のReportであります。
e0009044_1527483.jpg

胸と腰ポケットの中の財布とアクセサリーリングを連結し、スリや紛失を防止する。
e0009044_15285545.jpg

わきの下のメッシュにストラップを直にくくりつける。
e0009044_15295236.jpg

それを内側から見ると。
e0009044_15302586.jpg

貴重品袋を内ポケットに収納する際、そのストラップを犯罪者から見えないように工夫したということザンス。
e0009044_15325099.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2011-01-13 15:32 | 海外

いよいよ今年はドコモのシムフリーの恩恵を受けるぞっ!Conscientious management

いよいよ本年4月からドコモはシムロックを解除することになる。
ユーザーとしては大いに待ち遠しい気分である。

キャリアの正月商戦では、各社し烈な売り込み合戦を見せてくれたが、
今年はスマートフォンがひときわ注目を集めたように思う。

じつは、吾輩も韓国製のアンドロイド2.2搭載マシーンであるギャラクシーSに興味を持ち、
場合によっては今回のポルトガルでの使用をとも考えたのだが、チョッと待て時期尚早、
春になれば、シムフリー対応のスマートフォンが発売になるではないか、と思いとどまった。

雑誌等では、シムフリーの恩恵について、ドコモ以外のキャリアも追随しなければ、
そのメリットは薄いというような記述が目立つ。

しかし、その発想こそがガラパゴスなのであり、島国根性丸出しの狭窄的視野であって、
鎖国時代の大名そのものの考え方である。

そもそもシムロックというTPP平成の開国の流れに逆行するアキンド的姑息な商行為こそが、
海外からして、わが国ケータイ業界をガラパゴスと蔑視させた要因だったのである。
したがって、ドコモのシムフリー化は、やっとグローバルスタンダードの入口に立ったということだけであり、
なんら革命的な技術革新を行ったわけではなく、ただ単に各国の模倣をしたに過ぎない。

シムフリーがもたらす最大のメリットは、
ずばり格安通信料のキャリアをカスタマー自身が選択できることである。
つまり、顧客満足が最大化できることになり、今後キャリアが生き残る方策の一つでもある。
シムロックをバカの一つ覚えとして、今後も顧客の囲い込み戦略を続けるキャリアは、
自社の自信の無さを自ら暴露していることになり、さらに客離れが加速することだろう。

現段階では、ケータイの海外使用を考えるとシムフリーは絶対条件となる。
航空や鉄道,バスなど各キャリアとのスムーズな連絡や、ホテルやレストランの予約といったことから、
現地で親しくなった人たちとのコミニュケーションまで、ケータイの用途は広がるが、
これらは高額な通話料を前提としては考えられない。現地価格の手軽な通話料でこそ、
安心して惜しげもなく通話ができることになる。

郷に入れば郷に従えというではないか。
今後は現地キャリアのシムを購入し、邦人ユーザーも適正な通話料による会話を楽しみたい。
[PR]
by zrx1200sr | 2011-01-07 10:06 | 海外

人類は皆友達 Friend to all humankind

新年明けましておめでとうございます。
今年も世界中の人たちとの出会いを楽しみにしています。
異文化や生活環境の違い、そして、異なる宗教などからくる人間性の変化を考慮しつつ、
人類は皆友達だということを再確認したいと思います。
2011年は、南ポルトガルの旅から始まります。

Happy New Year.
I look forward to meeting with people in the world this year.
Cultural differences and living conditions,
and taking into account the change in human nature and comes from a different religion,
mankind would like to reaffirm that all my friend.
2011 begins with the journey south Portugal.













[PR]
by zrx1200sr | 2011-01-03 09:08 | 海外