カテゴリ:ZRX1200R( 139 )

ZRX1200R



動画づいていますが、今回はZRX1200Rです。

人気の無い公園で練習を行った時の様子ですが、
おじさんの技量と体力からすれば、W650の方が乗りやすいと思っています。
[PR]
by ZRX1200SR | 2007-12-21 17:46 | ZRX1200R

ファイナルカラー?

今回追加になったたZRX1200Rだがいよいよ最終モデルかな?
e0009044_21152686.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2007-03-13 21:25 | ZRX1200R

ZRX1200Rの思い出3

艶やかなパーツ
e0009044_1928368.jpg



e0009044_19282766.jpg



e0009044_19285483.jpg



e0009044_19295887.jpg



e0009044_19301535.jpg



e0009044_19303628.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2007-01-19 19:30 | ZRX1200R

ZRX1200Rの思い出2

ZRX1200Rの得意な右斜め前方からのアングルで両者を比較してみましょう
e0009044_2052472.jpg

W650のオーナーのHPを拝見して考えると、W650は真横からのアングルの方が似合うような気がします
一方のZRX1200Rは断然右斜め前方ですね
真横からだとちょっと間抜けに見えるときがあります
e0009044_2081888.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2007-01-17 20:09 | ZRX1200R

ZRX1200Rの思い出

いつもお世話になっているショップに、W650に付けるChipstopを追加注文した。
(Chipstopは、W650の前輪から巻き上げられて左右のシリンダー間付近に集中する泥水や小石、アスファルトなどを弾き 飛ばし、エンジンの汚れやキズを防ぐ為の部品)

あれは2005年3月の日曜日、ショップの店主との電話のやりとりから、ZRXが昨夜入荷したと直感し、取り急ぎ店に駆けつけ、我が愛車と対面したことが昨日のようになつかしい。
e0009044_19301177.jpg

さっそく、またがってライポジを確認したり、エンジンを撫でてみたり、臭いをかんでみたり(笑)
e0009044_1931047.jpg

組み付けが終わるといよいよ始動!ただし、マフラーのカバーをはずすことを忘れずに
e0009044_19321635.jpg

これがエキゾーストかーと・・・感慨深げに・・・・ひとり悦に入ったりして
e0009044_19342567.jpg

あれから13,761.4Km走りに走った我が相棒・・・
今夜から何回かに渡って、2年間の名車ZRX1200Rとの思い出を記録したいと思います
[PR]
by ZRX1200SR | 2007-01-16 19:25 | ZRX1200R

種まきウサギ

暖冬の年末年始はおじさんライダーにとって歓迎すべき「異変」です。
今日で3日連続のライディングとなりましたが、タイヤは相変わらず溝なしで、「氷(地雷)を踏んだらさようなら」と危機的状況であります。

さて、吾妻小富士の種まきウサギが年末から出現してしまいましたが、例年ですと4月にならないと観れないはずなので、のんきな暖冬でカテゴライズされるべきじゃなく、異常気象現象ととらえるべきかも知れません。

この種まきウサギは、古来から農業の方が、このサインを農作物の種をまく季節として認識していたわけであり、1月に出てこられてははなはだ迷惑な話となることでしょう。
e0009044_2025013.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2007-01-02 20:25 | ZRX1200R

はじめに願いあり

暖冬のおかげで穏やかな新年を迎えることができ、わが愛車ZRX1200Rも絶好調のスタートを切ることができました。

今年をどうしたいのか、どうありたいのか。
仕事だけではなく趣味のバイクやカメラなど、あらゆる事柄において、願いをもつことが大切である。
まずは心からの願いを持とう。

毎年この先人訓を思い出して、なにか願をかけようとこの時期思うのでありますが、結局「家内安全」「今年も健康で平和な1年でありますように」などと、変わり映えのない正月になってしまうのであります。
「平和で健康で家族がみな幸せ」であればこの上ない1年であるわけで、これ以上のものはないのですから、私の願いはこれで良しとしましょう。
e0009044_1771243.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2007-01-01 17:07 | ZRX1200R

道は無限にある

わが愛車ZRX1200Rの走行距離は06年末で13,761.4Km。これは05年に購入し、大雪だった昨年の12月から2月までのオフシーズンを除いた走行距離であります。
われながら相当走ったものだと感激し、感無量になったりしますが、いまだ一度もタイヤを交換していないため、本日のライディングもヒヤヒヤものでした。
これは、ひとえに来春の車検待ちの賜物でございます。溝のないタイヤでいかに安全に走行できるかは、教習場で飲酒運転の体験をすることと同レベルですが、そもそもこの寒空にバイクに乗ること自体が他人とはかけ離れた行為になるわけでして、その辺を充分に理解しながらの「安全走行」なのであります。

年を越せばおじさんライダーの余生もまた一つ減ります。しかし、まだまだ道は無限にあります。
来年もたくさんの人との楽しい出会いを期待して、本年のブログを終わります。
みなさん、良い年をお迎えください。
e0009044_15593953.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2006-12-31 15:58 | ZRX1200R

野生を刺激するライムグリーンの咆哮!

 07年12月のZRX SERIESのプロモーションである。

ナチュラリストを自任する私としては、ライムグリーンという色が自然界における自然そのもののイメージカラーである緑色に近く、特に新緑の時期のブナの新芽と同系色だと認識したので、この色のZRX1200Rに決定したことが真相である。
したがって、カワサキの経営戦略に基づくライムグリーンというものを、残念ながら購入の意思決定要素としては採用していないのである。

Triumphから、「ナチュラリスト魂」をくすぐるカラーのバイクが出たようだ。
Roulette Greenのスクランブラー(これは食指が動くかも)
e0009044_20402335.jpg

Roulette Greenのスピードトリプル(こちらはおじさん的には?)
e0009044_20442180.jpg

そして、ライムグリーンのZRX1200R
e0009044_20455480.jpg

日中の気温は15度くらいで、それほど寒さは感じられなかったが、吾妻山の白さが一段と増したようだ。
いつもの公園には、ほかに2台のバイクが来ていた。
[PR]
by ZRX1200SR | 2006-12-16 20:36 | ZRX1200R

"生誕10年王道を貫くZRX"

カワサキバイクマガジンの最新号である2007年1月号はZRX特集だったので即買いした。

右側のスカイブルーな表紙が最新号で、左側のグリーンなイメージの表紙もZRX特集を組んだ2004年9月号である。
e0009044_19113160.jpg

さっそくページをめくると以下のように続く
e0009044_19173790.jpg

SECTION.01ZRXの使命
SECTION.02伝統的エンジンの承継
SECTION.03潜在性能昇華の時代
SECTION.04走りの変化を紐解く
SECTION.05限界に挑んだ男たち
SECTION.06支持され続ける魅力とは
e0009044_19155025.jpg



e0009044_19161435.jpg

ZRX1200Rフアンとしては保存用に2冊入手したいところだ。

そして次回のZRX特集があるとすれば、「さらばZRX1200R」あるいは「ZRX1200Rは不滅だ!」または、時を置いて「ビンテージ特集・最後の20世紀を駆け抜けたマシンZRX1200R」「リメンバー21世紀初頭のビックマシンZRX1200R」・・・・かな?
[PR]
by ZRX1200SR | 2006-12-01 19:24 | ZRX1200R