カテゴリ:日本破綻( 2 )

子供手当の廃止と消費税の大幅引き上げ

仙谷由人国家戦略担当相は、債務残高が対国内総生産(GDP)比で180%程度に達している日本の財政事情について、ギリシャ問題を「他山の石」とすべきと指摘。(5/11ロイター)



仙谷由人国家戦略相は11日午前の閣議後記者会見で、6月に策定する中期財政フレームと財政運営戦略について「ギリシャの問題を他山の石とするならば、従前よりはるかに強い危機感で考えていく必要がある」との認識を示した。

 「日本の国内総生産(GDP)はギリシャと比べものにならないぐらい大きい。もしものことがあったときに他国とか国際通貨基金(IMF)の手助けは期待できない大きさということも認識しておかなくてはいけない」と指摘した。(5/11日経)




菅直人財務相は十一日の閣議後会見で、二〇一一年度当初予算の新規国債発行額について「一〇年度の四十四兆三千億円を超えないよう全力を挙げる必要がある」と述べた。ギリシャの財政危機を契機に、巨額の財政赤字を抱える国に対して、市場の目は厳しさを増しており、財政健全化を加速させる。

 日本の国と地方の長期債務残高は一〇年度末に国内総生産(GDP)比で181%に達し、財務相は「先進国の中で断トツに高い」と指摘。

 財務相は、「これまで以上にソブリンリスク(国家の信用リスク)にマーケットが敏感に反応している。マーケットが信認しなくなったときは国民生活が極めて大きな打撃を受ける」と財政健全化の必要性を強調した。
 ただ、一一年度予算では、社会保障の自然増や、子ども手当の満額支給など歳出増が避けられそうにない。国債の増発を抑えるには、マニフェストの見直しなどが不可欠だが、財務相は歳出削減の具体策について言及しなかった。(5/11東京新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギリシャの財政危機が、やっと日本政府の危機意識まで達したということ。
さらに、巨額の財政赤字国日本が破綻した場合は、IMFや他国は救済してくれないかもしれない、とした。
そのうえ、来年度からの借金は減らします、ということだ。

ということは?

歳入増が期待できない中で、借金を減らすということは、歳出を減らすということ・・・・子供手当の廃止だけではすまないね、きっと。

一方、借金を減らして歳入を上げる方法は・・・・・消費税の引き上げだ。
日本の5%は諸外国から比べれば低すぎる。だから最低でも一挙に10%まで引き上げなきゃ。ということになるかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうして世界の動きと日本の動きを見てくると、少なくとも中期的な家計戦略の見直しが必要となってきていることが分かる。
また、ギリシャの推移を国民も注意して見守っていくことが必要だということ。

まさか、「子供手当を見込んでクルマのローンを組んでしまいました」なんて話はないよなー?
[PR]
by zrx1200sr | 2010-05-11 13:33 | 日本破綻

ギリシャ不安の渦(2010年4月25日朝日新聞)

日本は本当に沈没するのか、あるいは神風が吹いて浮上できるのか、いずれにしても歴史の立会人として、また日本国の当事者として、日本財政破綻関連のニュースを記録しておきたい。

4/25(日)「ギリシャ不安の渦」朝日新聞

「財政危機に陥ったギリシャ政府がついにIMFなどへ支援要請に踏み切ったことで、増税、年金見直しなど大きな痛みを伴う改革は避けられない。国民からは早くも不安の声が上がっている」

・・・・・国民の不安の声を拾った後で、「支援が決まれば、EUやIMFから大幅な切り詰めを求められることは必至だ」とした。

また、「問題は巨大政府」とし、公務員の数の多さを指摘した。
e0009044_14533092.jpg

[PR]
by zrx1200sr | 2010-04-25 14:53 | 日本破綻