カテゴリ:ブッダ( 1 )

第1回 生きることは苦である

 Eテレで毎週水曜の22時から放映している番組で、今月はブッダ特集。


放送時間】 2011年9月7日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】 2011年9月14日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)
2011年9月14日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)
【ゲスト講師】 佐々木閑(花園大学国際禅学科教授)
9月は、仏教の創始者・ブッダが語った言葉をまとめたとされる「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)を取りあげる。釈迦族の王子だったブッダは、成長するにつれ、人の生、老、病、死について、深く考えるようになった。そして29歳の時に、家族を捨てて出家、修業しながら深い思索に励んだ。悟りを開いた時、ブッダは、自らが考えた真理を人々に語る。それが最初の説法とされる「ダンマパダ」191番である。ブッダは、人生は、老いや病など、苦しみの連続であるが、心のあり方を見直せば、苦しみを克服することが出来ると説いた。第1回では、ブッダが見抜いた「人生」と「苦」の本質に迫る。



真理のことば/ブッダ
e0009044_11233757.jpg

[PR]
by ZRX1200SR | 2011-09-05 11:23 | ブッダ